F1 ニッカン・コム杯の買い目情報【伊東競輪予想8/30】

20190827

F1 ニッカン・コム杯 最終日の情報

今回取り上げるのは8月28日(水)から伊東競輪場で開催されているF1 ニッカン・コム杯の最終日からとなります。

初日も取り上げたこの伊東F1ですが、やはりというかなんというか、パーキンス選手とボティシャー選手は完全Vペースで決勝に進出しています。

日本人選手の中での注目選手、109期の太田竜馬選手は初日9着、2日目4着で残念ながら決勝に乗る事は出来ませんでした。

今日提供の予想はS級決勝から。パーキンス選手とボティシャー選手のワンツー決着はほぼ決まりのようなものとなりますので、極力点数を絞っての予想となります。

F1 ニッカン・コム杯 最終日 11R S級決勝 買い目予想

11R出走表

こちらが11RのS級決勝の出走表です。並び予想は記事更新の時点では出ていませんでした。

前述した通り、ここはまず間違いなく外国人選手勢であるパーキンス選手とボティシャー選手のワンツーで決まりと言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、それではオッズが小さくなるのは目に見えていますので、その分点数を極力減らす必要があります。

3着に入る選手を単純に数選手、入れる事にしましょう。競走得点的には注目は南修二選手になりそうですが、今場所の調子を見れば気になるのは桐山敬太郎選手や海老根恵太選手、そして伊勢崎彰大選手という事になります。

しかし、その3選手とも3着に置いてしまうと6点となってしまい、トリガミとなる可能性が高まりますのでここから更に絞り、2選手を置いた4点で勝負します。

競輪ダッシュが狙う予想がコチラ

第11レース買い目予想(3連単4点勝負)
1着:ナンバー ナンバー
2着:ナンバー ナンバー
3着:ナンバー ナンバー

競輪ジャンジャン


【確実性が極めて高い予想のみ厳選】
競輪ジャンジャンでは、全国各所に点在する競輪場に専属の情報元を有しており、
選手同士のやりとりやしがらみ、また体調からプライベートの環境など、一般に出回らない情報を聴取できるため、限りなく的中に近づいた予想をお届けすることが可能なのです。
競輪は、人と人による勝負事。
馬もエンジンの能力も関係ありません。
だからこそ、情報元から届く関係者情報を最大限に活かせるのです。
競輪ジャンジャンの情報力を、ぜひご体感ください!

最大5,000円分クーポン発行中!

直近の的中情報

【日程】2020/9/11
【レース】松戸2R
【回収額】85万3600円

コメント

タイトルとURLをコピーしました