F1 スポーツニッポン杯争奪戦買い目情報【函館競輪予想9/15】

F1 スポーツニッポン杯争奪戦

F1 日刊スポーツ新聞社杯争奪戦の情報

今回取り上げるのは9月13日(日)から函館競輪場で開催のF1 スポーツニッポン杯争奪戦の最終日からとなります。

A級1・2班戦とS級戦が行われていた今回の函館ナイターF1も今日で最終日で、A級S級それぞれで決勝が行われます。

A級決勝には得点順に小橋明紀選手、阿部英光選手、加藤健一選手、川上真吾選手などが進出しています。

得点トップの小橋選手は今場所まだ勝ち星が無く、初日2日共に決勝でも再びぶつかる関東勢にしてやられています。決勝は北日本3車結束で今度こそ関東勢打倒を狙います。

その関東勢では栗本尚宗選手が今場所好調で、初日の予選と2日目の準決勝で連勝、完全Vにリーチをかけています。

S級決勝には得点順に田中晴基選手、大森慶一選手、金子哲大選手、嵯峨昇喜郎選手などが進出しています。

得点トップの田中選手は初日特選から3着2着とまずまずの結果で決勝進出ですが、この決勝では単騎を選択しやや苦しい展開となりそうです。

青森の嵯峨選手は北日本勢唯一の先行型という事で、4車ラインの先頭を任される事に。嵯峨選手の動向次第で大きく結果が変わりそうです。

という事で、今回はこの函館ナイターF1の最終日より8RのA級決勝と9RのS級決勝、2レースの予想を提供します。

F1 スポーツニッポン杯争奪戦 最終日 8R A級決勝買い目予想

8R出走表

こちらが最終日8RのA級決勝の出走表です。並び予想は三分戦となっています。

得点トップは青森の小橋選手ですが、注目はやはり初日2日目強引に逃げて勝利、まくって勝利と多彩な勝ち方で連勝した栗本選手でしょうか。

準決は展開も向いたとコメントしているものの、自身の好調も実感しておりこの決勝でもまくってそのまま完全V達成の公算は大きそうです。

北日本勢は3車結束で先頭の牧田選手が栗本選手に対抗するのは必至で、先行策からの抑え込みにかかりそうです。

それでも今場所の栗本選手なら後方から物ともせずまくり切る可能性は高そうで、番手の加藤選手がしっかり合わせてワンツー決着は可能性十分です。

今回は今場所の好調を信頼し栗本選手1着、2着に加藤選手を置き、3着は広めに押さえました。

競輪ダッシュが狙う予想がコチラ

第8レース買い目予想(3連単4点勝負)
1着:ナンバー
2着:ナンバー
3着:ナンバー ナンバー ナンバー ナンバー

👇無料買い目情報提供中!オススメ予想サイト👇

競輪RIDE

競輪RIDE
【競輪の知識は一切必要ありません】
膨大な時間を使い競輪を覚える事や、各種情報誌を買い漁ってご自身で予想していただく必要はございません。
貴方は我々が様々なルートから手に入れる事に成功した厳選された買い目を見て、車券を購入する。
たったそれだけです。

今なら会員登録で1万円分のポイントプレゼント!

直近の的中情報

【日程】2020/9/15
【レース】小田原4R→小田原8R
【回収額】175万1040円

F1 スポーツニッポン杯争奪戦 最終日 9R S級決勝買い目予想

9R出走表

こちらが最終日9RのS級決勝の出走表です。並び予想は二分戦となっています。

北日本勢に先行型は嵯峨選手しかおらず、結果4車結束での二分戦となりました。先頭を任される嵯峨選手は昨日の準決では勝利したものの、初日の不発っぷりを見れば本人に期待するよりもラインでの優勝者狙いに絞るのが無難でしょうか。

事実嵯峨選手本人もラインから優勝者を出す事を目標としているようで、積極策でラインでの勝利を狙っています。

得点トップの田中選手は単騎を選択という事になりましたが、4車ラインの居るこの決勝では不利は否めません。

基本的には北日本勢をメインに考え、埼玉栃木コンビを対抗として組み合わせての予想としました。

1着は大森選手と小野選手、2着はそこに金子選手を加えて3着には更に佐藤選手という最近ではかなり多めの8点勝負です。

第9レース買い目予想(3連単8点勝負)
1着:ナンバー ナンバー
2着:ナンバー ナンバー ナンバー
3着:ナンバー ナンバー ナンバー ナンバー

👇無料買い目情報提供中!オススメ予想サイト👇

ファンファーレ

ファンファーレ

【激熱競輪情報ココにあり!】
驚くべき的中率で【即】利益確定。毎日・日本全国で的中ラッシュ!
プロの取材陣、プロの予想家だからこそ可能な高配当の数々。
今からでも遅くない!むしろ"今"が絶好のチャンス!競輪ファンファーレがお届けする未来で大勝をご体験ください。

直近の的中情報

【日程】2020/9/15
【レース】小田原9R→函館3R
【回収額】144万3330円

コメント

タイトルとURLをコピーしました