G3 玉藻杯争覇戦買い目情報【高松競輪予想1/30】

20200129

G3 玉藻杯争覇戦 初日の情報

今回取り上げるのは1月30日(木)から高松競輪場で開催されるG3 玉藻杯争覇戦の初日からとなります。

今年の玉藻杯争覇戦にはS級S班から3名の選手が登場。S級の得点順としては松浦悠士選手、和田健太郎選手、三谷竜生選手、村上博幸選手、中川誠一郎選手などが登場となります。

得点トップ、S班の松浦選手は昨年末のグランプリでは7着、今年の始動戦となった和歌山G3では優勝を果たしており、今回のこの高松G3では記念連続優勝を目指す事になります。

得点2番手の1班和田選手は今年初戦の立川G3では3日目の準決で落車、最終日を欠場する事になったものの前場所である小倉F1ではきっちりと優勝してみせ、落車の影響は無いようです。

得点トップ5には入っていませんが同じく1班の天田裕輝選手も前場所の伊東F1を優勝、昨年は怪我で長期欠場していましたが、近況は好調で得点も上昇中です。

最終日には企画レースも行われ、荒井崇博選手、鈴木謙太郎選手、宮本隼輔選手などが登場する事になります。

今回はこの高松G3の初日から、11RのS級一次予選と12RのS級特選の2レースの予想を提供します。

G3 玉藻杯争覇戦 11R S級一次予選買い目予想

11R出走表

こちらが11RのS級一次予選の出走表です。並び予想は三分戦となっています。

得点トップは2019年のヤンググランプリ覇者である松本選手。当然ここでも勝利期待度は高そうです。連係するのは地元勢のベテラン香川選手という事で別線を制してワンツーというのも視野でしょう。

別線を完封出来ればライン3番手の原選手が続いて四国勢が独占、という可能性も十分です。

その原選手は3着に置くとして、2着に対抗の1車を追加する事にしましょう。

1車選ぶのなら久木原選手のまくりに乗っての安部選手、というパターンを想定してみます。

という事で、1着には松本選手と香川選手、2着に安部選手を追加し3着に原選手という構成にしました。

競輪ダッシュが狙う予想がコチラ

第11レース買い目予想(3連単8点勝負)
1着:ナンバー ナンバー
2着:ナンバー ナンバー ナンバー
3着:ナンバー ナンバー ナンバー ナンバー

競輪RIDE

競輪RIDE
【競輪の知識は一切必要ありません】
膨大な時間を使い競輪を覚える事や、各種情報誌を買い漁ってご自身で予想していただく必要はございません。
貴方は我々が様々なルートから手に入れる事に成功した厳選された買い目を見て、車券を購入する。
たったそれだけです。

今なら会員登録で1万円分のポイントプレゼント!

直近の的中情報

【日程】2020/10/24
【レース】青森7R→青森8R
【回収額】173万6100円

G3 玉藻杯争覇戦 11R S級初特選買い目予想

12R出走表

こちらが12RのS級初特選の出走表です。並び予想は三分戦となっています。

得点トップはS級S班の松浦選手。前場所の和歌山G3でも優勝しており成績で見ても勢いで見てもまずはここを押さえる他は無いでしょう。

松浦選手の目標は四国のエースである太田竜馬選手、ライン3番手はS班中川選手という事でこの中四国九州ラインが大本命なのは間違いありません。

ラインで決まる可能性も十分で、この3選手だけで車券を組み立てても的中しそうな勢いではあります。

対抗となりそうな別線は岩本選手と和田選手の千葉コンビでしょうか。岩本選手はメンバーでバック数トップ、今年は7戦6勝と絶好調でそれに乗った和田選手にワンチャンスありそうです。

という事で、今回は1着に松浦選手と太田選手、2着に中川選手、3着に和田選手とかなり堅めの構成としました。

競輪ダッシュが狙う予想がコチラ

第12レース買い目予想(3連単8点勝負)
1着:ナンバー ナンバー
2着:ナンバー ナンバー ナンバー
3着:ナンバー ナンバー ナンバー ナンバー

競輪RIDE

競輪RIDE
【競輪の知識は一切必要ありません】
膨大な時間を使い競輪を覚える事や、各種情報誌を買い漁ってご自身で予想していただく必要はございません。
貴方は我々が様々なルートから手に入れる事に成功した厳選された買い目を見て、車券を購入する。
たったそれだけです。

今なら会員登録で1万円分のポイントプレゼント!

直近の的中情報

【日程】2020/10/24
【レース】青森7R→青森8R
【回収額】173万6100円

コメント

タイトルとURLをコピーしました