F1 日刊スポーツ杯三笠賞買い目情報【前橋競輪予想12/31】

20191230

F1 日刊スポーツ杯三笠賞 初日の情報

今回取り上げるのは12月31日(火)から奈良競輪場で開催されるF1 日刊スポーツ杯三笠賞の初日となります。

今回の奈良F1にはS級から得点順に中村浩士選手、稲垣裕之選手、野原雅也選手、武藤龍生選手、堤洋選手などが登場となります。

得点トップの中村選手は優勝こそ9月以来無いものの、前場所の伊東G3、そして更にその前場所である平塚F1と連続で決勝に進出しており、今場所でも期待が持てそうです。

得点トップ5には入っていませんが、福岡の坂本亮馬選手は前場所の久留米F1で優勝しており、勢いがあります。

A級からは得点順に笠松将太選手、高橋隆太選手、小竹洋平選手、磯川勝裕選手、山田裕哉選手などが登場となります。

得点トップの笠松選手は前場所の久留米F1では完全Vを決めており、その前場所の大宮F1でも準Vと今場所も優勝候補の筆頭である事は間違いないでしょう。

グランプリも今日で終了となりましたが、競輪は年末年始も休まず開催。という事で今回は明日の奈良F1初日から、6RのA級初特選と11RのS級初特選の2レースの予想を提供します。

F1 日刊スポーツ杯三笠賞 6R A級初特選買い目予想

6R出走表

こちらが6RのA級初特選の出走表です。並び予想は四分戦となっています。

注目はやはり前場所完全Vを果たしている笠松選手という事で問題はなさそうです。勝率、バック数から見ても圧倒的で、このメンバーなら負ける要素の方が少ないでしょう。

その笠松選手の番手を主張するのは岐阜の山田選手。きっちりと追走しわんつ―も視野でしょう。

対抗としては得点2番手の高橋選手でしょうか。連係する遠藤選手の流れ次第ですが、遠藤選手は笠松選手に次ぐバック数という事でチャンスは十分にありそうです。

また、展開がもつれれば小竹選手のまくりがさく裂する可能性もあり、それに乗った場合番手の吉良選手にも連の可能性はあります。

今回は笠松選手と山田選手を1着に置き、2着には高橋選手、3着には金子選手を置く事にしました。穴狙いなら小竹選手と吉良選手メインもありです。

競輪ダッシュが狙う予想がコチラ

第6レース買い目予想(3連単8点勝負)
1着:ナンバー ナンバー
2着:ナンバー ナンバー ナンバー
3着:ナンバー ナンバー ナンバー ナンバー

競輪RIDE

競輪RIDE
【競輪の知識は一切必要ありません】
膨大な時間を使い競輪を覚える事や、各種情報誌を買い漁ってご自身で予想していただく必要はございません。
貴方は我々が様々なルートから手に入れる事に成功した厳選された買い目を見て、車券を購入する。
たったそれだけです。

今なら会員登録で1万円分のポイントプレゼント!

直近の的中情報

【日程】2020/10/24
【レース】青森7R→青森8R
【回収額】173万6100円

F1 日刊スポーツ杯三笠賞 11R S級初特選買い目予想

11R出走表

こちらが11RのS級初特選の出走表です。並び予想は先行1車となっています。

基本的には4車連係となる近畿ラインが本線という事で問題はなさそうです。武藤選手がジカ競りを宣言したものの基本的には野原選手と松岡選手を中心に考えたい所です。

野原選手だけ勝つのであれば容易ですが、ここはラインで決める事を考えてくるものと思われますので、近畿勢3番手の稲垣選手も車券に加えておいて損は無さそうです。

あまりにもつれた場合、地元勢の坂本選手には要注意となりいっきに捲る可能性もあります。

今回は無難に、1着に野原選手と松岡選手、2着に稲垣選手を置く事にします。

3着がやや悩みどころですが、ここは地元坂本選手の番手にはいる堤選手をチョイスする事にしました。

競輪ダッシュが狙う予想がコチラ

第11レース買い目予想(3連単8点勝負)
1着:ナンバー ナンバー
2着:ナンバー ナンバー ナンバー
3着:ナンバー ナンバー ナンバー ナンバー

競輪RIDE

競輪RIDE
【競輪の知識は一切必要ありません】
膨大な時間を使い競輪を覚える事や、各種情報誌を買い漁ってご自身で予想していただく必要はございません。
貴方は我々が様々なルートから手に入れる事に成功した厳選された買い目を見て、車券を購入する。
たったそれだけです。

今なら会員登録で1万円分のポイントプレゼント!

直近の的中情報

【日程】2020/10/24
【レース】青森7R→青森8R
【回収額】173万6100円

コメント

タイトルとURLをコピーしました